室之園・大久保特許事務所
室之園・大久保特許事務所
室之園・大久保特許事務所

事務所概要

ご挨拶

   昨今、日本の多くの企業様は、非常に厳しい国際競争にさらされているものと思います。
   しかしながら、日本企業様は依然として優れた技術水準を維持しておりますので、独創的なアイデアに基づいて今までに無かったようなユニークな製品・サービスを生み出していくことにより、必ずや厳しい国際競争にも打ち勝っていけるものと信じております。
   我々は、このような状況にある企業の皆様を、知的財産権の保護・活用という観点から少しでもお力添えしたいと願い、アローズ特許事務所を開設するに至りました。

弊所の特徴

(1) 経験を積んだ弁理士が担当

  弊所では、十分に経験を積んだ弁理士が各案件を担当致します。実務経験に乏しい弁理士ないし特許技術者が担当することはありません。
  また、弊所では、明細書を量産するのではなく、一件ずつ丁寧に且つ迅速に明細書を仕上げていくことを第一方針としております。

(2) 迅速な対応

  弊所では、各弁理士が経営者の意識をもって仕事に取り組んでいます。従いまして、弊所では、知財ご担当者のご意見・ご要望に対して直接に且つ迅速に対応することができます。

(3) 外国出願

  新興国やアメリカ等の市場において、相手方の特許権侵害を回避しつつ御社の独自技術について製品を製造ないし販売するためには、これらの外国において数多くの特許出願をしておくことが必要です。
  しかし、現地代理人を介して手続きを行う外国出願には費用がかさむ問題があります。特に近年では、国内外の特許出願に多くの予算を取りにくいというお話もよく伺います。
  弊所では、現地代理人と密に連携をとることにより、費用の無駄を抑えつつ外国出願の質を高めることが可能になると考えております。

(4) 出願打ち合わせの重視

  弊所では、発明者様に直接お会いして出願打ち合わせ行うことを重視しています。発明者様の意図を正確に把握して、発明の本質を適切にクレームするとともに、その本質から派生するバリエーションについても必要十分に明細書に記載するようにしています。そのことにより、出願後の補正や権利化後の訂正にも十分に対応できるようにしています。

(5) 有効な権利の取得

  弊所では、ライセンス交渉や訴訟においても有効な権利取得を目指しています。すなわち、クレームや明細書は、ライセンス交渉や訴訟の場面において、相手方企業の担当者や裁判官など様々な人に読まれてその内容が判断されます。従いまして、弊所では、様々な人が同じ判断をするような、明確で理解しやすい明細書を作成します。

  ・ご要望やご相談などがございましたら、お気軽にご連絡ください。